二重まぶた整形で魅惑の目元を手に入れる|愛されパッチリEye

さまざまな整形方法

ナース

美容整形を受けたことを知られたくない、ナチュラルな仕上がりがいい、傷跡が残るのは嫌だと考えている人に適しているのが「埋没法」です。埋没法はまぶたを糸で留めるだけの施術方法なので、メスなどを使って皮膚を切ることがありません。そのため、傷跡が残る心配がなくナチュラルな仕上がりだといえます。また、痛みや腫れを伴うダウンタウンが短いため、整形後すぐに日常生活に戻ることができます。美容整形を受けたことを知られる心配がないのも埋没法の大きな魅力です。また、日頃テープやノリなどを使って二重まぶたにしていたという人も埋没法が適切です。アイメイクを施したときと同じような目元に仕上げることができるので、周りに違和感を与える心配がありません。しかし、スッピンに自信をもつことができるので自分に自信を持つことができます。埋没法は将来元の目元に戻したいと考えている人や、二重まぶたの種類を変えたいと考えている人にも最適です。埋没法なら糸を外すことで元の目元に戻すことができるので、美容整形におけるリスクを回避できます。手軽にパッチリとして目元を手に入れたい人に埋没法が適しています。

確実にパッチリとした目元に仕上げたいと考えている人に適切なのが「切開法」です。切開法はメスを用いてまぶたを切開するため、確実に二重まぶたを手に入れることができます。また、切開する箇所などを変えることでさまざまな二重まぶたを形成できます。そのため、平行タイプの二重まぶたを手に入れたい人は切開法が最適だといえます。まぶたの脂肪が厚く、埋没法では二重まぶたにならないといわれてしまった人も切開法が適切です。クリニックやまぶたの厚さによっては、必要に応じて脂肪吸引をする場合もあります。また、切開法なら元の一重まぶたに戻る心配がないので、半永久的に二重まぶたを維持できます。自分に自信を持って生活することができるので、コンプレックスが解消されるといえます。しかし、切開法は痛みや腫れが続くダウンタウンが長くかかってしまうため、およそ1ヶ月程度余裕をもって学校や仕事を休める人に適しています。すぐに日常生活に戻りたい場合は片目ずつ美容整形を受けると適切です。また、切開法だと印象がガラリと変わるため、美容整形を受けたことが気づかれやすい傾向があるため注意が必要です。

すでに二重まぶたでも目元が小さいことに悩んでいる人や、離れ目をコンプレックスに感じている人は、目頭切開法を選択しましょう。目頭切開法は、目頭を覆っている蒙古襞を切除することで離れ目を解消でき、同時にパッチリとした目元に仕上げることが可能です。また、末広型の二重まぶたタイプも、目頭切開を行なうことで平行タイプにすることができます。欧米人やハーフのように華やかな印象にしたい人に目頭切開法が適しています。お人形のようにクリクリとしたパッチリ目タイプを望んでいる人も目頭切開法なら手軽に叶えることができます。日本人に多く見られる蒙古襞を切除して、キリッとした印象の力強い目元を手に入れましょう。

Copyright© 2015 二重まぶた整形で魅惑の目元を手に入れる|愛されパッチリEyeAll Rights Reserved.