二重まぶた整形で魅惑の目元を手に入れる|愛されパッチリEye

二重まぶたの種類

笑顔の女性

一概に二重まぶたといっても、二重まぶたにはさまざまな種類があります。大きく分けると「末広型」や「平行型」「奥二重」といった3つに分けられます。目尻に向かって二重幅が広くなる末広型は、日本人に多く見られます。また、目頭から目尻まで一定の二重幅である平行型は欧米人に多く見られ、華やかな印象を与えます。奥二重は目を開いた状態では二重線が見えないため、末広型や平行型に比べると目元が小さく見えてしまいます。また、一重まぶたと混同される傾向がありますが、一重まぶたよりはぱっちりとした目元だといえます。平行型にはさらに2種類のタイプにわけられます。芸能人や日本人モデルに多く見られる幅の狭い平行タイプと、ハーフや欧米人に多く見られる幅の広い平行タイプです。幅の狭い平行タイプは、上品で大人っぽい印象を与えてくれるため華やかな印象を与えます。また、幅の広い平行タイプなら日本人離れしたハッキリとした顔立ちをしており、スッピン時でも大きな目元でいることが可能です。その他にも、黒目がほとんど見えているパッチリ目タイプなどもあります。お人形のようにクリクリした目元が特徴で、キラキラした印象を与えることができるのです。現代女性の多くがこのパッチリ目タイプへの美容整形を望んでおり、高い人気を集めています。

末広タイプや奥二重の目元にしたいと考えている人は埋没法の美容整形が適切です。埋没法は糸にまぶたを留めるだけの美容整形方法なのでナチュラルな仕上がりを実現できます。また、糸で留める位置を変えるだけで二重幅を変えることができますが、末広タイプにもっとも適しているといわれています。糸で留める箇所を増やすことで幅の狭い平行タイプにすることも可能です。目頭と目尻など2点から3点を糸で留めれば平行二重を手に入れることができるのです。また、切開法でも平行タイプの二重まぶたになります。切開法なら脂肪を取り除くことも可能なので、思い通りの二重幅を形成することもできます。幅の広い平行タイプにしたい人は切開法を選択しましょう。さらに、パッチリ目タイプやハーフ顔を希望する人は目頭切開法が適切です。蒙古襞を取り除くことで平行二重を形成でき、さらにお人形のようにクリクリとした目元を手に入れることができるのです。このようになりたい目元に応じて二重まぶたの整形方法を変える必要があります。また、メスを使う方法やメスを使わずプチ整形として手軽にできる方法もあるので、自分に適した美容整形方法を見つけることも大切です。なりたい二重まぶたに応じていくつかの美容整形方法を組み合わせたり、担当医を選んだりする必要があるので、まずは自分に似合う目元を把握しましょう。カウンセングを受ければ整形後の仕上がりを事前にイメージすることができます。自分に似合う目元を知ることができ、顔立ちに適した目元を把握できるので、カウンセングはしっかりと受けましょう。

Copyright© 2015 二重まぶた整形で魅惑の目元を手に入れる|愛されパッチリEyeAll Rights Reserved.